ガンダム30周年・・・機動戦士ガンダムとは

「機動戦士ガンダム」とは1979年から1980年に放送されたロボットアニメで、日本サンライズ社が製作した。
放送された作品は全部で43話ある。

 

 

「機動戦士ガンダム」はそれまでに放送されていたロボットアニメ「マジンガーZ」等とはちがって、アニメに人間ドラマが入り交じったり、そこにロボットが入ったりして当時は異色とさえ思われていたようで、初回放送時の視聴率はあまり芳しい物では無かったようである。
しかしながら、初回放送後には雑誌で特集が組まれたり、観た人の噂が広がり人気がでるようになったり、「機動戦士ガンダム」が再放送された時には視聴率が初回の視聴率を大幅に上回る結果になった様である。

 

 

また、その人気に肖る形で(株)バンダイからは「機動戦士ガンダム」に登場してくるモビルスーツのプラモデルを発売するようになった。
当時はガンダムのプラモデルの事を「ガンプラ」と略してよぶようになったり、ガンプラが爆発的に売れた事から社会現象を生じさせたりしたそうである。

 

 

一世を風靡した「機動戦士ガンダム」は其の後も人気が衰える事も無く、多種多様なグッズが発売されたり、映画が製作されたり、アニメもテレビシリーズとして続編が今も尚つづいていたりと30周年をむかえる今でも人気が維持されている事が伺える。

 

 

ガンダムにはテレビシリーズが何作かある為、各シリーズに名前もしくは名称を付けて分類するようにしている。
ついでに第1作目の「機動戦士ガンダム」は「ファーストガンダム」と、第2作目の「機動戦士Zガンダム」はその名前もしくは名称の通り「Zガンダム」と呼称されている。

 

世相を反映する特種案内