「恋空」ドラマでの疑惑

「恋空」への疑惑点は多くある。
ヒロとの突如の別れ方にも到底承知出きないものがあったし、卒業式の日に図書室でボードに記述した文字が、長い月日を経てもそのまま残ってると云う不思議現象。
ここは完璧に創られたものだろうとおもってしまう部分は多々ある為、どこまでが事実なのかが理解出きる事ができない。
創られたものだと考慮すると、美嘉とヒロが再会してから図書室へ行ったのかどうかさえわからなくなる。
もどかしささえ実感してしまう。

 

映画のように優が指輪を投げ捨ててしまったのかも疑惑におもわれる。
本当に人おのおのな部分が少なくないのでなんとも理解出きる事ができないが、せっかく美嘉へ買い付けた指輪を渡そうとおもった日が辛い別れの日になってしまって、指輪を投げ捨てる。
やっぱりドラマの世界なのかなとおもってしまうのであるが、それでも私にはこのシーンは1番切なかったものである。

 

あの指輪を後日拾いに行ったなんて事はないのだろうか?
あんなに優しくて寛容な心をもった優には、指輪を拾ってもっていて欲しい気もする。
美嘉をおもってもってるのではなく、こんなにも愛した相手がいたのだと云う証しに。
現実的に考慮してしまったら、指輪が雪の中に埋まってしまっても、春になって雪が溶けたら、誰かが指輪を見つけてもって行ってしまうのじゃないだろうか。
そのような事に成るくらいなら、優にもっていて欲しいと私はおもわれる。

 

そして、美嘉と別れた優が次に恋をする相手はどのような人なのか、途方もなく知りたいのである。

 

世俗に有益な話柄