オバマ大統領のこんな政策

オバマ氏の政策の基礎に成るのは、どうやら対話のようである。

 

現状、アメリカには多種多様な「敵」と呼び出せる国が実在している。
また、敵とまでは行かなくとも、それに近い、もしくは多種多様な問題を抱いている国がある。
こういった国との会談と云うのは、首相として必要な事である。
しかしながら、現実それを行った事で、関係が悪化したり、国民感情を逆なであるると云う事態も想定する必要が在り、なかなか前に進めないと云うのが現状である。
それは、日本で云うところの北朝鮮や中国との関係からも明らかである。

 

アメリカも、北朝鮮とは対立関係にある。
それだけではなく、イラン、シリア、キューバ、ベネズエラと云った所も、アメリカとは冷戦状態にあると云っても過言じゃないだろう。
こういった国とどう接触していくのかが、政策を語る上で途方もなく重要な部分づけとなってくるのだ。

 

オバマ氏は、こういった国との会談を実践するかどうかと云う質問に対し、即座にYESと答えた。
一定の国と会談を実践しない、と云う事はしないと。
これは途方もなく彼らしいと云えるだろう。

 

オバマ氏は、演説でもたびたび、フラットな政策を意識した発言をしている。
差異をつけるのではなく、平等に、フェアに物事を運びたいと云うのが、彼の一貫した哲学である。
であるから、会談を実践する国に差異を付けないと云うのも、彼にしてみれば当然かも知れない。

 

ただ、それを快くおもわない人や国も少なくないと云う事は、当然把握しているだろう。
例を挙げると、北朝鮮と日本との関係を考慮すれば、アメリカが突如北朝鮮と二者会談を実践すると云うのは、途方もなく顰蹙を買いる。
こういった背景の中でどう動作するか、要注目である。

 

気になる話題の調査報告